« シャンソンー哀しみの終りにー・・・ベルの作品 花の手書き絵 パート23 | トップページ | 土筆☆懐かし 美味し 思い出・・・ベルの母の作品 パート2 »

富士登山☆成功?失敗?・・・ベルの作品 花の手書き絵パート24 

今日 Watamiさんのブログは きれいな富士山の写真が登場していました。感激!富士山大好き人間なのです。山中湖や河口湖からの眺めもふんだんに載せてあります。しばらく うっとりと眺めていましたら 忘れていた出来事を思い出しました。

十数年前 私たち夫婦は かねてから念願の富士登山旅行を思い立ち あるツアーに参加しました。名古屋空港からバスで 富士山5合目の富士吉田に着き 夕方5時から登山開始。シトシト雨が降っていました。その中を 亀さんのようにのろのろ ゆっくりゆっくり ガイドさんの指示に従って登るのです。なんでも高山病の予防で 少しづつ気圧がうすくなっていくので 頭痛防止の為らしいのですが、、。

当時 私たち二人は 毎日のようにジョギングをしており フルマラソンを何度も経験し体力には自信があったので このゆるゆる登山にいささか閉口していました。それでも我慢してついて行き 8合目に着いたのが夜11時。山小屋でカレーを頂き 2時まで仮眠です。登山服もそのままに 交互に寝かされ 上から布団を掛けられます。普段の生活では 考えられない事です。右隣は他人 左隣は主人がさかさまに寝ています。主人は 私が履いたままの濡れた靴下を しっかり両手で温めてくれました。

ギュウギュウ詰め状態で 寝返りもされず 当然寝られるわけもなく やっとウトウトとしかけた頃 起こされ再び懐中電灯片手に登山道へ。ぞくぞくと頂上めがけて登っていく風景は 圧巻。あの狭い頂上からぽろぽろ人がこぼれているのでは、、と 心配したほど。頂上でしばらく待ったあとのご来光の素晴らしかった事! やっと念願の富士山に登れる事が出来た! 私たちは興奮していました。

下山は自由行動との知らせに 私たち夫婦は解き放たれた犬のように 山道を駆け下りました。あの日本一過酷といわれる 憧れの富士登山駅伝を連想しながら、ザッザッザッと足も軽く 下りていったのです。何時間もかかったのでしょうが、気持ちとしては あっという間に着きました。静岡県側の御殿場に、、、。気が付いた時は すでに遅し、、、。富士吉田に行こうにも もう一回登って下るか、下まで下って上るにも 丸一日かかるとの事。えぇーっ!

同じバスツアーの皆様を待たせる!迷惑をかける!私たちの心は凍り付きました。でも思ったより早く ガイドさんとの連絡が就き 夕方までに宿泊地の石和温泉で待つとの事。ホッと胸をなでおろしましたが、 それからが大変。バスに乗って電車に乗り代えて 尋ね尋ねして又バスに乗って・・・。ツアーのみなさんが、おいしい物を食べて観光し終えて 温泉に入っていられる頃 やっとの思いで辿り着いたのはいうまでもありません。この事件で 私たちの浅はかな行動と 富士山の雄大さを思い知らされたのでした。

この懐かしい中にも 苦い記憶に残った富士登山。成功したの?失敗したの? 未だに 自分に問いかけています。あまり有頂天になると どこかに落とし穴があるという事を肝に銘じて 行動するよう教えられた一件でした。 再度挑戦を!とは 思うのですが 今は家庭の事情で無理な事を考えると あのハプニングも強烈な思い出として心に残るのでは・・。

Photo  日本水仙の花 (紬の布地 額装丁)

      ゴワゴワした紬は 非常に描きにくか  ったのですが、その分素朴な感じが出  たように思います。

   花言葉

      思い出 記念

     

|

« シャンソンー哀しみの終りにー・・・ベルの作品 花の手書き絵 パート23 | トップページ | 土筆☆懐かし 美味し 思い出・・・ベルの母の作品 パート2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
今日は富士山の想い出話ですね、今から思えば色々アクシデントなどが、懐かしく感じられるようですね。
私も、富士登山もしたし、それから定年後雪の富士山や、湖に映った逆さ富士、など撮影に数回いきました。
カメラの趣味のある人は殆どが富士山に魅かれて写されてるようです。
今、私が副会長してる市の写真クラブの展示会が開催されてますが、富士山の頂上に太陽がある、ダイヤモンド富士も数点出されています。
あの、雄大で美しい富士山は誰でも好きになるようですね。
優しいご主人との想い出は話は、ご夫婦の愛情が此方にも十分伝わり、幸せに暮らされてる様子が伺えます。(^^♪

投稿: OSADA | 2009年3月14日 (土) 10時54分

OSADA 様
嬉しい嬉しいコメント ありがとう御座いますconfident
本当にそうですthink。苦い思い出ではありましたが、今となれば懐かしくなりますねcoldsweats01

当時 携帯電話などなく ツアーの皆様を待たせるのではという気持ちが大きくなりcoldsweats02 不安で胸が締め付けられるようでしたbearing。事務所にお尋ねした所 気持よく富士吉田でお待ちのガイドさんを呼び出して頂き 夕方落ち合う事で話が落ちつき ホッとした思いでしたhappy01
それから 二人で尋ね尋ねして夕方までに 山梨石和温泉にたどり着きましたsad。途中 車中から撮った河口湖の逆さ富士だけが 観光しましたと言える証拠写真かも、、、weep

写真クラブの展示会・・・ 観てみたいですlovely
OSADAさんのきれいなカワセミちゃんも 展示してあるんでしょうsign02

投稿: ベル | 2009年3月14日 (土) 17時51分

今回の富士登山挑戦も素晴らしいですねhappy01
ベルさんの何事にも挑戦される気持ち・・・登山まで・・・それも富士山fuji
ベルさんは 子供の頃から 何にでも挑戦されるお子さんだったのですか? 私は・・・できれば 何でも避けて通る 常に無難な道を歩く性格なので・・・そのぶん面白みもないですが・・・勇気がなくて すぐしりごみしてしまいます。
なので ベルさんにお邪魔していつも勇気をいただいてます。「これからだぞ」って 思ってgood

投稿: こもれび | 2009年3月14日 (土) 18時08分

こもれび 様
うれしいうれしいコメント ありがとうございますconfident
そうですgood。「これからですsign03
だって もう私たちには これからしかないのですから・・・wink
過去を生き直すことは出来ません。
常にこれからhappy02・・・と思っています。今はねbleah

小さい時褒められる事もなく励まされる事もなく自分は駄目だ駄目だ と思いながら大きくなりました。見合い結婚したのも コンプレックスの塊だった私は恋愛など出来る訳もなく 初めての見合いの人に 私で良かったら・・・と即答して両親をびっくりさせました。主人の両親と同居というのも 私の宿命かなと深く考えもせず、、、。内気で無口な性格でしたが、生まれた子供(長男)が 大変なひょうきん者で家族や幼稚園の人気者になりました。その人気者のお母さんなのですから ひょうきんにならざるを得ません。それからは無口で内気を封印して 努めて明るく何事にも挑戦してきた様に思います。でも 芯は変わらないですがcoldsweats01、、、。

こもれびさんは 明るくふんわりした優しいマダムの印象が伺えて いつ訪問してもあったかい気持ちになりますheart04。私のほうこそ ホッと癒してもらっていますconfident

投稿: ベル | 2009年3月14日 (土) 20時22分

いえいえ・・・・かなり気の強いおばちゃんです。 いつかお会いした時に あまり違っていてはいけないので・・・ヾ(´ε`*)ゝ

投稿: こもれび | 2009年3月14日 (土) 20時38分

何事にも前向きにどんどん突進する
ベルさんの元気ぶりが伝わってきました。
携帯電話のない時代・・・
ついこの間のことですのに
いつの間にか携帯電話がないと
生きていけない子供が増えたりして・・・
世の中の変化が激しいですね。

投稿: タマちゃん | 2009年3月15日 (日) 09時55分

タマちゃん 様
うれしいうれしいコメント ありがとうございますconfident

そうなんです。ついこの間と思うのに 移動しながらかけられる電話は自動車電話しか 考えられない時代でしたbearing
今の時代なら すぐ携帯電話で連絡が就いて解決したんでしょうが、私たち夫婦は 観光旅行を楽しみにして参加してあるツアーの人達を待たす事に 胸を痛めましたbearing。でも下る道を間違ってしまう人は度々居られるそうbleahで 受付の対応は慣れたものでした。 私たちも皆様に迷惑をかけないで済む事にほっとしましたcoldsweats01


今では そういう事があったのでより印象深く思い出されますhappy02。又 再度の挑戦をと 思いますが、今は二人一緒に長時間の留守は出来ない状態にあり 今さらによくあの時行ったなぁと思います。今では 「やれる時sign01思い立った時sign01 即実行ッsign03」が私の コンセプトです。

投稿: ベル | 2009年3月15日 (日) 21時24分

楽しく読ませていただきました^^。
健康的なご夫婦でいいですね~。
素晴らしいご夫婦の様子が伺えますよ。

水仙は素晴らしいです。
紬とのこと!描きにくなったでしょうに、こんなに素晴らしく出来上がってすごい!の一言です。
実物を拝見すると、もっと素晴らしいでしょうね。

投稿: kyumama | 2009年3月17日 (火) 20時10分

kyumama 様
うれしいうれしいコメント 有難うございますconfident

私たち 特に主人は人を待たす事にひじょうに敏感な性格wobblyで 何度も観光そっちのけで集合場所に非常に早めに集まっていたのですcoldsweats02。白糸の滝を観に行った時なんか もうすぐで現場に着いて見られるheart04 さぞかし水の流れが綺麗だろうhappy02と 心踊らした瞬間 「おい 戻るぞ!」と言われてしぶしぶ戻った事もありますweep。そんな二人が道を間違ったのですから 本当にびびりましたbearing。主人のあわてふためいた様子は大変なものでしたsad。昔の大失敗も 思い返せば懐かしい思い出となりますねぇ~happy01

水仙の絵 kyumamaさんにそう言って頂き うれしいです。紬はごつごつゴワゴワしていますのでどうなる事かcoldsweats02と思うくらい大変でした。若い時は 華やかなラッパ水仙が好きでしたが今は断然日本水仙です。若いころ好きでなかった藪椿やキンセンカやたんぽぽも 大好きになりました。

kyumamaさんと同じく野草が大好きで 願いが叶うなら 片田舎の古い家にすんで 野草を眺め描き 野菜を作り自然と暮らしていきたいですconfident。今は 子供としての勤めがありますので 焦らないでおきますcoldsweats01。 

投稿: ベル | 2009年3月17日 (火) 21時17分

富士登山の想い出、ゆっくり読ませて頂きました。
砂走りで御殿場ですか!富士吉田・石和までは、遠いですね。しかし楽しい想い出でなりましたね。
濡れた足を温めてくれる旦那さんは優しいですね。見習います!

投稿: watami | 2009年3月17日 (火) 23時44分

watami 様
嬉しい嬉しいコメント 入れて頂き有難う御座いますconfident
watamiさんの あの綺麗な富士山fujiの写真のおかげで 今 はっきりと思い出す事が出来ました。有難うございますconfident

花や道祖神の写真にはまっていましたhappy02が 風景もすごいですlovely。きっと腕もカメラも良いのでしょうね。 凄いですsign03

はいcoldsweats01。 あの濡れた靴下をギュッと握りしめて温めてくれた思い出は 私の忘れられない宝物shineです。 胸がキュンheartとなったのを 今でも感じますthink

道を間違ってしまったおっちょこちょいな性格coldsweats02は 反省しなければいけないのですが、砂走りを駆け下れた事は 二人のかけがえのない思い出でもありますhappy01

 

投稿: ベル | 2009年3月18日 (水) 00時45分

富士登山・・・わぁ~すごーい!
その昔、一度は登ってみたいと
身の程知らずに思っていましたが
50歳になった時に、すっかり諦めました。
わたしにゃ、無理sad
飛行機から見る富士山
歌のように、頭を雲の上に出した
富士山を眺めて悟りました。
とてもとても登れるわけがない!

新幹線から見る富士山
首が痛くなるほど見上げて
これまた、とてもとても無理と・・!

普段から鍛えてらっしゃるからでしょうね。
ススイノスイ・・・のご様子。
ちょっとおまけのドキドキが
良い思い出になったことでしょうね。

投稿: くぅくぅの母 | 2009年3月20日 (金) 03時11分

くぅくぅの母 様
嬉しい嬉しいコメント 有難うございますconfident

いえいえcoldsweats01 今となっては 毎日毎日くぅくぅちゃんdogと散歩していられる くぅくぅの母さんの方が 足腰強くて体力もあられると思いますgood。思い切って挑戦されたら、、scissors。だらだら登りですので、近くのちょっと険しい山より 案外簡単と思います。時間だけは かかりますがwink

ホントに富士山綺麗で雄大ですよねぇ~lovely
私 大っ大っ大っ好きで いつも眺めて暮らせたら~と夢見ますheart04
飛行機の中でも 窓際はなかなか取れなくて 真ん中に座っていても もうそろそろ見えるんでは・・とそわそわします。なんでこの場所で 窓閉めて寝てるのっと 窓際の人をながめてあせりますcoldsweats02
新幹線は 九州からですと大阪までで なかなかJR東海までは乗らなくなりましたが、昔見上げるように車窓から眺めた記憶fujiは はっきりと印象深く残っています。赤富士なんかも 眺めたいなぁ~と願っています。

そんな私ですので 去年末から始めたパソコンで世界が変わりました。たくさんの人が素晴らしい写真や絵を 惜しげもなく公開していられるのですから、、、。有り難くって 有り難くって・・。そして くぅくぅちゃんに癒してもらって くぅくぅの母さんの絶妙な文章に笑ったりhappy01胸にグッときたりheart教えてもらったりthink、、、。
とにかく 私の世界は激変しました。
ありがとう ございますconfident

投稿: ベル | 2009年3月20日 (金) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1131981/28590392

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山☆成功?失敗?・・・ベルの作品 花の手書き絵パート24 :

« シャンソンー哀しみの終りにー・・・ベルの作品 花の手書き絵 パート23 | トップページ | 土筆☆懐かし 美味し 思い出・・・ベルの母の作品 パート2 »