« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

皆既日食!☆感動と興奮 その後の夢・・・ベルの写真 黒い太陽とダイヤモンドリング

7月22日 国内で観測できるのは46年ぶりという「皆既日食」。今世紀最大の天体ショーと何年も前から騒がれはじめ関係者や興味関心のある方は準備に余念がないとか・・・。そういう大事件にもかかわらずしかもここ九州でおきるのに 雑事にまぎれあまり関心もおこらず過ごして来た私。しかし1日前となって・・・

いつも観させていただいているkyumamaさんのブログ「元気の素」の中で拝見させて頂いているクリッパーさんのブログ 「の~んびり ティタイム」の記事に 「トカラ皆既日食7島 プロジェクト」が立ち上がり全世界に向けて無料でライブ中継をしてくれるという事を知った。「えぇ~ そうなんだ。」 俄然 皆既日食に対して興味が湧きだした。明日 この欄を開けばトカラの悪石島に行ったも同然(単純!) と期待に胸はずませて眠りに就いた。

が、しかし何度クリックしても開かな~い。同時に大勢のアクセスがあった為らしい。「そりゃ~そうよね。」 しかしクリッパーさんの記事を通じて皆既日食の興味がわいた事は事実。クリッパーさんありがとうございます。諦めてテレビ中継を観る。肝心のトカラ列島はあいにくの悪天候で皆既日食が観測出来ないと放送されていた。「あぁ~ わざわざ行った人はかわいそう~。」と思った瞬間 あたりは真っ暗になっていく。思わず窓の外をみると ここ福岡久留米でもうす曇りのなか夕方のよう・・。悪石島では真っ黒になった瞬間と明るくなった瞬間におもわず拍手が沸き起こったとか。太陽の力は凄い事をまじまじと知らされた瞬間だった。

少し遅れて今度はNHKの硫黄島中継!。午前11時25分にできたダイヤモンドリングから太陽が月にすっぽりとかくれ 回りにコロナが輝く黒い太陽に。そばにはキラキラ輝く水星や金星の姿もみられた。東京から1100キロはなれた大型客船からの中継では 水平線に360度広がる夕焼けのような神秘的な光景に感激! 思わずおんぼろテレビの画面をカシャッ。カメラを向けて連写。おかしいね。

テレビ中継でこれだけ興奮するのに現地で生で観られたらどんなに興奮した事でしょう。テレビ中継でも十分 宇宙の神秘を楽しめたのに もう今は先の事を考えています。今度日本で皆既日食が観測されるのは26年後 北陸北関東の地。わたしはその時86歳!。無理かな?。でもあの大型客船に乗って観測された方の最高齢はなんと 100歳!(絶句)。皆既日食を過去7度も体験されたそうで その方いわく・・「今回が一番ゆっくり十分に楽しめました。」 本当にびっくり。見習わなくっちゃ・・・。

Photo もう買換え期限の迫るおんぼろテレビに写った皆既日食(NHK中継から)私手作りのぷーさんのぬいぐるみも横から登場です。

Photo_2 皆既日食の終わり ダイヤモンドリング(発生の謎は 月の地底からの一筋の光だとか。)      004                                                      暗黒の天空の周り360度夕焼けのようなあかね色の光があふれる不思議な光景(宇宙から見た月の影も地球上にはっきり写し出されました。)                         

| | コメント (6) | トラックバック (0)

暑い日差し☆あなたならどれを・・・ベルの作品 花の手書き絵 パート35

じめじめした梅雨空から 一転して昨日からの青空。抜けるような空の色 入道雲ももくもくと・・・。先日の奄美沖縄九州南部に続いて 今日関東甲信地方で梅雨明けが宣言されました。平年より6日 昨年より5日早いとか、、。

夏本番。ジリジリと暑い日差し・・・あなたは何を連想しますか?私はパラソル。あの宮崎駿監督作品の「火垂るの墓」の思い出のシーンに お母さんがさしていた真っ白のパラソル・・・。子供たちに 「帰っていらっしゃい。そうめんも冷えていますよ。」すてきでしたね。そして泣きました。

けれど近年 真っ黒のパラソルが人気です。紫外線を多くはじくとかはじかないとか論議されていますが、白い麻のパラソルもUVカット材が大量に塗りこめられるようになって 花の絵を描きたい私にとって買うとき要注意になりました。これも温暖化現象の影響です。エコな生活を一段と心がけねばと思います。

今日は 個展に出品したパラソルとリクエストされて後で描いたパラソルを展示したいと思います。多くの方に観て貰えて感じたことは 人は百人百色 好みも違うし思いも違うという事でした。自分の固定観念にとらわれず たくさんの花と花のこころをこれからも描いていこうと思いました。さて あなたならどれを選んでくれますか?・・・

017 014

 003 006_2 021 015

013Photo_3Photo_4  023_2 020036 Photo

022

019           画像の上でクリックしていただくと 少し大きくなります。

後日 8月14日にテレビ放映された「火垂るの墓」。改めて観ましたら まっ白いパラソルでは無くって赤いパラソルでした。モネの日傘をさす女性と混同していたんですね。私の記憶ってこんなにあやふやなことを改めて実感しました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

シャンソン 「愛 遥かに」・・・ベルの作品 花の手書き絵34

明日5日は シャンソン教室のミニコンサートです。毎回練習不足を感じながら挑むのですが、今回は特に5月の個展とその後のお約束した作品制作の為に時間を取られ全然といっていいほど 練習出来ていません。それで考えた末 出した結論は・・・。

私のシャンソン歴10年間の集大成?として今まで大好きでずぅ~と鼻歌まじりに歌ってきた私のこだわりの曲に決めました。「愛 遥かに」 「ラスト ワルツ」 「群衆」 この3曲です。これなら歌詞は覚えていますし 以前人前でも歌ったことあるし・・安全策! と思っていたのですが、ところがどっこい やはり難しい(涙)。

特にこの「愛 遥かに」は シャンソンを始めた時から大好きで歌ってきましたが、感情を入れるところが難しくいつも「ア~ァ~。」とため息をつくほど、、、。ご主人を亡くして何年も経っても 愛する心は色あせない という美しい詩なのですが、主人がいる私にとってはいつも「お父さん ごめんね。」と思いながら歌っている歌ではあります。

終わってからでは 成果はどうだったのか感想を述べねばなりませんので 一足お先に発表したいと思います。それではお聞きください。 「愛 遥かに」

 あなたの居ない この部屋に 古びた白い いすひとつ

 あなたはいつでも その背にもたれて 私を見ていた

 あなたがいすの片隅に ふざけて書いたらくがきが

 いまでもそのままに 幸せなころを 想い出させるの

 あれから 季節は 幾度 春を迎え

 私の胸の中で 愛の哀しみは 遠いはずなのに

 愛は消えない あの頃よりも深く あなたを愛している

 想いでが遠く 離れていくほどに・・・

 子供のような わがままで あやまちばかり繰り返し

 本当の愛のやさしさに 気付かずにいた私・・・

 窓辺を染める夕暮れが あなたのいすに届くころ

 私はいつでもその背にもたれて あなたを想う・・・

 ラーララ ラ ラララー ララララ ララ ラーララー

 ララララ ララ ラーラララ ララララララララ ララララララ

 ラーララ ラ ラララー ララララ ララ ラーララー

 ララララ ララ ラーラララ ラーラーラーラーラーーー

115 子供のころから大好きだった枇杷の実を描く

  (絹の着物白地 額装丁)

 枇杷の花ことば    温和

114 額に入れたところ

おいしくなあれ おいしくなあれと思いながら描きました。

 65㎝×50㎝

 017

実の部分を拡大したところ

 美味しく観えますか?

       

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »