« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

秋風に誘われて☆コスモスとスーパーおばあちゃん・・・ベルの作品 花の手書き絵 パート42

Photo ここ数日 気持ちの良い日本晴れが続いて あちこちから金木犀の良い香りがふわ~んと漂い良い気持ち。お空はごらんの通り雲一つない。思わずお空に向かって カシャ。さて今日は何の花を描こうかな、、、と思っていたら・・・。

Photo_3 「[甘木のコスモス 観に連れてって!] って叔母ちゃんがいうので 今日お昼から行こうか。」 と 急に姉からお誘いの電話。誘われたら断らない主義の私。「お義母さん コスモス観にいくよ。」 おばあちゃんもにっこり。義母と実母 今年で80歳になった叔母の3人のスーパーおばあちゃんと姉と私。賑やかに出発した。

Photo_2 場所は甘木のキリンビール福岡工場前のコスモス畑。70000平方メートルの広大な敷地に1000万本のコスモスが無料で楽しめる。以前は大麦の試験農園だったが 1978年ビールに適したビール大麦「あまぎ2条」を開発 役目を終えた田圃に春はポピー 秋はコスモス と花好きの私たちにとって毎年欠かせない恒例となっている。最近ではデイサービスなどお年寄りの観光行事としても 人気になっている。

Photo_4 「きれいきれい。今日が一番きれいじゃんね。良かったね。」と喜びあう。花にうずもれて一人づつ写真を撮ったり 綺麗な花姿や風景を収める。花もだんごもという事で お饅頭をぱくつく。コスモス大好きの私は今年 コスモスの花のパラソル を差して歩いた。少しは人目を惹いたかな?。

003 体育の日の運動会にかぶりたいからと要望された コスモスの花の帽子

UVカット剤が強く 描くのに苦労しましたが、とても喜んで戴いたので とってもうれしくなりました。

003_2 以前紹介した コスモスの花の絵 をタペストリーに表装しました。

コスモスが大好きな方の所へ お嫁入りしました。

玄関に飾ってあるそうです。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

世界のイチロー☆うちのあーちゃん・・・ベルの作品 花の手書き絵パート41

体育の日の今日 NHKで「イチロー単独インタビュー 大記録への道をすべて語る」と題したテレビ放映があることを新聞で知った。が、実際にはそんな大袈裟なものではなく 日米の野球少年たちが大リーグで大活躍するあこがれのイチロー選手に素朴な疑問を投げかけ イチロー選手本人が真剣に応えるという内容で真題は 「おしえてイチロー選手!~大記録はなぜうまれたか~」だった。

今年 前人未到の9年連続200本安打大リーグ記録を達成したイチロー選手に 「どうすればヒットが打てるの?」子供らしい率直な質問にイチローは 「小さなことの積み重ね。いかに細かいところを大事にできるかが大切。」と答える。「なぜ打席でいつも同じポーズなの?」この質問には「ピッチャーと対峙して他の事はリセットするため。同じ動作をする事で雑念をはらい集中力を高めるため」と答える。

「なぜ チャンスに強いの?」苦笑いして戸惑いながらも「チャンスを何度も経験する事。失敗もあれば成功もある。自分なりのプロセスを作ること。」と答えた。「野球をやめようと思ったことはないの?」 答えは「やめようと思ったことはない。プレッシャーに弱い自分は 今やめたらどんなに楽だろうと思ったことはある。」と素直に言ってくれた。

イチローは大リーガーになってからも 一度もバットを変えていないんだそうで その理由がまた凄い。「自分でこの道具と決めたのだから 成果が出ない時やスランプに陥った時自分の体やフォームを改造して道具に合わせる。そういう覚悟が必要と思う。その覚悟がなかったらいろんな出来ない理由を道具にも求めてしまいそうだから。」 何度もこの「覚悟」という言葉が飛び出した。家での毎日の筋トレ 毎年少しづつ違う打撃フォーム。本当に自分に厳しいから記録を残せるのだと思った。

最後に 「今年大記録を達成できた秘訣は?」という質問に「試合に出続ける事。成績を残す事。苦しい時は ワールドベースボールクラシックの決勝戦で 追い詰められて2点タイムリーを放った瞬間を思い出して戦った。」と答えてくれた。あの時ほど追いつめられた気持ちはないという。私たちも神がかり的なイチローの活躍に狂喜した出来事だった。そして「野球が大好き。」と締めくくってくれた。たゆまぬ努力の賜物と感無量になった。

おとといの土曜日から 山口に住む息子夫婦と孫娘のあーちゃんが遊びに来てくれて 運動会のDVDを見せてくれた。そこには たくさんのダンスと競技に参加するあーちゃんの姿が・・・。ダンスもとても上手で競技も真剣に参加している。お嫁さんの話すところによると 練習中にダウンする子供が何人もいるほど厳しく教え込まれたそうで 事実あーちゃんも運動会の翌日は顔色が悪く眼の下にクマが出来ていたという。「4歳にしてクマって!」 唖然、、。そこまで頑張ったのかといとおしくも思ったが 先生たちのお話では 「この運動会を乗り切った子供たちは 一回りも二回りも成長していますよ。」と断言されたそう。

「実際 数日後のバレーの教室では終わるまで集中力が続いたんですよ。こんな事始めてでした。」とうれしそうに話してくれた。今まではお母さんから離れようとしなかったあーちゃんがおじいちゃんと二人で公園で遊んだり おおきいおばあちゃん(曾祖母)を迎えに散歩に出かけたりできるようになっていた。世界のイチローと比べるべくもないけど だれでも小さな努力の積み重ねで成長していくのだろうと思った。あーちゃん 頑張った成果だね。

Photo 黄色いハイビスカスの花の絵のパラソル

  (白地 麻 100%) 強いUVカット付き

  花ことば   勇ましさ 華やか

画面上でクリック頂くと 少し大きくなります。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »