« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

水辺の宝石 翡翠☆カワセミブルー 綺麗すぎます・・・ベルの作品 鳥の手書き絵パート1 手製掛軸第2号

1年前 カワセミ日記のOSADAさんのブログで カワセミの魅力を知りました。それから 毎日というものカワセミちゃんを眺めています。雄と雌の違い 大きなお魚やジャリガニをのみ込む食事シーン 雄が雌にお魚をプレゼントする給餌シーン 仲良くなったデートシーン カワセミの赤ちゃんが登場する雛まつり 雛が独立するよう親がしつけをするシーンなど たくさんたくさん教えてもらいました。

それにしても カワセミちゃん 綺麗です。水辺の宝石といわれているのも うなずけます。本当に観る事ができたら やみつきになりそう。OSADAさんも毎日のように 大きな大きなカメラを担いで カワセミのいる川へ出かけているんですよね。そして 私のように楽しみにしている人たちへ 惜しげもなく披露して下さっています。ほんとにありがたいと思います。

眺めだして何カ月も経ったある夏の日 カワセミちゃんを描きたくなりました。今まで花の絵しか 描いた事ありません。冷や汗ものでしたが、どうにかカンナの花とのコラボで 出来ました。それを掛け軸にしようと思い立ち 表装クラブで総裏を張り 週1回表にしたり 裏にしたりすること6カ月・・・

今週の木曜日 出来上がりました。先生方の熱いそして甘いご指導あっての賜物です。前回同様 お仲間の皆さまから温かい拍手を頂き 我が家に連れて帰りました。OSADAさ~ん お待たせしました。出来ましたよぉ~。どうでしょうか? カワセミブルー あんまり綺麗すぎて難しすぎます。大目にみてやって下さいネ。

Photo

どこに印鑑押そうか迷っています。篆刻教室が2週間後にあるので 先生に聞こうと思います。

Photo_2

絵の部分のアップ。カワセミちゃんが我が家に遊びに来たみたいに思えて 嬉しいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

椿 ツバキ つばき☆久留米の街は椿に染まっております・・・ベルの作品 花の手書き絵パート57

今日から 久留米の街は椿一色です。なぜなら「2010国際ツバキ会議」の開催地だからです。同時開催として「第20回全国椿サミット」も行われます。国際ツバキ会議は20日から24日までの5日間 世界28カ国から200名の参加。全国椿サミットは20日と21日の2日間 全国35の市町から500名の参加があるそうです。

主会場になるのは 石橋文化センターつばき園 石橋美術館1階 草野町にある久留米つばき園 などです。久留米ツバキの代表「正義」を筆頭に たくさんのつばきが咲き誇っています。その他に 草野町にある山辺道文化館(やまべのみちぶんかかん)では2日から30日まで「早春の久留米つばき展」が開催中です。

Photo_2

久留米つばきの代表「正義」です。実家の庭にも咲いている 大好きな花です。その他 久留米つばきの品種は100種を超えるそうで 今も品種改良が進んでいます。実は 全国一のツバキの苗木生産地なのです。樹齢300年以上の正義の原木とみられる古木も草野町にあります。

Photo

4月になると「久留米つつじまつり」 5月になれば「ばらフェアー」 と久留米は花色にそまります。あっその前に 桜です。「SAKURAまつり」 もあります。去年 4月にブログにアップしましたね。よろしかったら春風に誘われて 久留米に遊びに来ませんか?

007

先日描いた 椿「正義」です。姿鏡掛けはどうでしょう・・・1メートル50センチくらい長さをとっています。

Photo_3

上の部分のアップです。下に落ち椿を描いて 遊んでみました。

Photo_4

今日 歌の大先輩の方のところへ訪問したら 素晴らしい椿がお庭にありました。2,3枝頂いて さっそく描きました。花の部分の模様がシャープです。名前を調べなくっちゃー。 生地はどっちも 先日アップした 肥後椿の丹後ちりめんです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

声に感謝☆歌えるって 素晴らしい・・・ベルの作品 花の手書き絵 パート56

「・・・・・・・」 エッ 声が出ない・・。なぜ?なぜ? 声が出ない・・。2月22日の朝のこと。どうして? そう言えば 昨日謡曲のお稽古で2時間半ぶっとおしで謡った・・。そう言えば 一昨日シャンソンの練習で 何曲も練習した・・。そう言えば最近随分と無理していたなぁ~・・。

それでも 今まで一度も声が出ないどころか かすれることもなく過ごしてきたのに。喉の丈夫さは自信があった。というか声というものにたいして当たり前のごとく心配も感謝もしてなかった。義母の介護生活に実母の骨折入院の介抱が加わり 自分のしたい事は夜中となり寒い部屋で絵を描いたり パソコンに向かっていた。就寝時間は2時3時が当たり前 どうかすると4時5時の時も・・。その生活を1月始めから2カ月続けた。加えて声帯の酷使・・・。喉が悲鳴を上げたのだった。

声が出ないと 自分の意志や気持ちを人に伝えられない。もどかしい。一声発声するのでも すごく体力がいる事が解った。何の苦もなく声が出ている事の有り難さをかみしめる。「どうしよう、、、。3週間後にシャンソン発表会が控えてるのに・・・」 とは思ったが 生来楽天家の私。何日かすれば治るだろうと のんきに構えていた。

1週間経っても 依然変わらず。さすがに心配になり病院へ。喉の奥を眺めながら先生曰く。「ポリープは出来ていませんねぇ~。血まめが切れて吐血する事もあるんですよ。良かったですね。お謡いにシャンソンですか。いいですねぇ~。僕もこの仕事辞めて のんびりとそういう事したいなぁ~。声帯が赤くはなっていますが、立派な声帯じゃあないですか。」と。なんとも奇妙な褒められ方をして 薬をもらって帰ってきた。薬といえばすぐに忘れる私がキッチリ忘れずに飲んで1週間 まだ声はでない。このまま声が出なかったら 発表会も辞退せねば・・・覚悟した。

そして 今日発表会に出場出来た。5日前位から かすかに出はじめ 一昨日の練習日には全快! 今日歌えることの喜びをかみしめ 歌ってきました。曲は以前ブログに紹介した 「愛 遙かに」と「ふるさとの山」。今の気持ちをしっかり胸に刻み歌いました。本当に感謝です。

今日 着た舞台衣装です。本人はアップに耐えませんので 衣装だけご披露いたします。うしろはピンで止めています(泣)。

Photo

Photo_2  

今日 福岡県は桜の開花宣言がありました。桜を観たい描きたい症候群がむくむくと頭をもたげてきています。ですが、今回一足跳びに 牡丹の花のひざかけハンカチとふくさのリクエストがありました。ハンカチが出来あがりました。明日からふくさに取り掛かります。これから絵と表装 篆刻に集中・・・。頑張ろうっと。

Photo_3

Photo_5 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

おひな様モード☆忙し 忙し・・・ベルの作品 おひな様の手書き絵パート2

Photo_4

只今 わが家の玄関飾りです。 3月は 頭の中がお雛さまモードなのでしょう。おひな様の額絵を 描いてから続けて3枚おひな様の絵を描きました。これをどんな風に表装して どういう作品に仕上がるのでしょうか? どんなに急いでも5月まで掛かります。驚くくらいのたくさんの行程を経て 作品が出来あがるのです。仕掛かるのがちょっと遅かったですね。端午の節句の絵も 描かないと・・・。

Photo

白地紬生地 (絹 100%)

Photo_2

綸子の生地 (絹 100%) 地模様付き

Photo_3   

羽二重生地 (絹 100%)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

こころ華やぐお雛様☆真っ盛りですねぇ~・・・ベルの作品 はじめての人形の絵 パート1

「あっちもこっちも お雛様真っ盛りですねぇ。」・・こう言ったら 「えっ もう昨日3日で仕舞ったよ。」と 仰る方が大半では? いつまでも飾っておくと娘のお嫁入りが遅れるよ。。。と言われそう、、、。 いえいえ ここ九州の北部地方は 4月3日にお祝しますので 3月中の今がおひなまつりの真っ最中なのです。

Photo

まずは 日田市が展開する 「天領日田 おひなまつり」・・ 徳川幕府の天領(直轄領)として栄えた大分県日田市には、往時の文化を物語るひな人形が数多く現存しています。そんな貴重なおひなさまを公開してくれています。春のひととき、昔ながらの町並みに風情を感じながら、ゆったりとおひなさまめぐりが楽しめます。

Photo_2

柳川市の 「柳川雛まつり さげもんめぐり」・・柳川には 昔から女の子が生まれると、初節句に子供の無事な成長を願ってひな壇の前に色とりどりの「さげもん」を飾る慣わしがあり それを外来の人の目に見える場所に移して 観光客も楽しめるように始まったもの。藩主屋敷「お花」のお雛様は必見の価値あり。

Photo_3

うきは市の 「筑後吉井お雛様めぐり」・・白壁土蔵の町並みを背景に、吉井町内の各家々 商店 旧家 公共施設で 江戸時代のものから現在までの豪華絢爛なお雛様を展示。ゆっくり散策しながらの、お雛様めぐりに人気があります。

Photo_4

八女市の 「雛の里 八女ぼんぼりまつり」・・ひな人形の産地でもある八女で、明治・大正・昭和・平成のひな人形と関連道具を展示。会場は、白壁の町並みを中心とした福島地区の民家や商店、約100軒。お雛様とともに八女ならではの歴史ある町並みも楽しめます。また、町中がお雛様一色で期間中は華やいだ雰囲気です。おひなさまめぐり無料バス、お雛様供養祭、お雛様パレード、十二単衣と束帯姿の結婚式などもあり、八女人形会館の古い古いお人形は圧巻です。

1

2

3

4

5

7

9

10

昨日から ギャラリー「群青」でも 「さげもんと手作りお雛様展」が始まりました。去年 私が花の手書き絵の個展をさせて頂いたギャラリーです。博多人形師さんのお雛様数体 木目込み人形の立雛 お雛様の掛け軸 数種類のさげもん(全国的には つるし雛というのでしょうか?) 色紙や絵手紙を飾るミニ掛け軸 そして私のお雛様の額絵です。20日まで開催されます。

024

恥ずかしいのですが 花を入れないで描いた初めての人形の絵です。浜ちりめんに描いてます。絹100%。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »