真赤に熟した実をもんでたねを出し 口に含んで鳴らした懐かしい思い出があります。