白に近い 薄いけれども存在感のあるピンクの花びらを 白地に表現するため 苦心しました。